Union × Nike Dunk Low “Passport Pack”




LAのセレクトショップUnionとNIKEのコラボのダンク。

親戚のスニーカーフリークさんが見事当選したとのことで届きたてほやほやのものを持って来てくれました!




自分も抽選かけたのですが落選。彼の最近の当確立は目を見張るものがあり一体どこで差が生まれるのか解明したいところです。

一番の違いは購入歴だと思いますがこればかりは当選しないと増えていかないのでどうにもなりません。気長にやるしかないですね~



さて肝心のスニーカーですがこのさわやかな色合いはこれからの季節にぴったり!



また今年も暑くなるとは思いますがせめて足元だけでもすずしげにしたいところですね!素晴らしいカラーリングです。

 

ただこのスニーカー仕掛けがありまして…



以前AIR MAX95でも似たような手法が使われていましたが、アッパーを覆う半透明リップストップ生地が破けるようになっていて、それを剥がすと名作的カラーのレザー素材が現れるという二倍楽しめる構造になっているようです。





半透明リップストップ生地は破く前提のものなので耐久性はあまりないのかというとそんなこともなく。

尖ったものでひっかけるようにしないとやぶけとのことで長い間楽しめそうです。



飛び出した縫い糸はデザイン上の演出。

 


アウトソールに浮かび上がるシルエット。



そのシルエットはUnionのアイコンである「フロントマン」

そのフロントマンは1959年に発表された舞台劇で後に映画化もされた作品「A RAISIN IN THE SUN」の舞台でウォルターJ.を演じた俳優のSidney Poitierさんがジャンプするシーンを表現しているとのことです。

「A RAISIN IN THE SUN」は今から60年以上前の黒人の当時の葛藤や誇りをテーマした作品のようです。



  

そしてそのフロントマンの頭上に天使の輪がついていますが、今年の1月その俳優シドニー・ポワチエさんが亡くなったことに哀悼の意を表しているようです。

シドニー・ポワチエさんは黒人として初めて米アカデミー賞主演男優賞を受賞されたとのことです。


良きスニーカーを実際に見ることができたこの日は良き日でした。

youchangいつもどうもありがとう!

*